輪島でお店を始めませんか。起業・新規出店を支援します。

公開日 2021年04月01日

金融機関等と連携しながら、「あと一歩」で実現できそうな起業・新たな出店に対し、初期投資等を支援します。

 

お店がオープンする前に補助金の申請が必要です。

申請の内容について、事業採算性、公益性の審査を行います。
 

令和3年度 支援制度のご案内  補助金申請の際はこちらのご案内をお読みください。

補助金交付要綱  こちらの要綱も必ずお読みください。 

補助制度Q&A  ご質問の内容をまとめました。お読みください。

 

本支援制度のお問い合わせ・来庁相談は、起業・出店される「ご本人」にお願いしています。

正確に情報が伝わりませんので、代理人によるお問い合わせはご遠慮ください。

【支援を受けられる方】

 市内の金融機関から3年を超える長期の融資を受け、日本標準産業分類に基づき、次の業種の事業所を新たに市内に開設する方が対象となります。

 1 製造業 2 情報通信業 3 卸売業、小売業 4 宿泊業、飲食サービス業(スナック営業等を除く。) 

 5 理容業・美容業

 ただし、風俗営業、スナック営業、チェーン店など支援を受けられない業種があります。
 年齢制限があり、65歳未満の方に限られます。
 事業所の開設に当たって市から他の補助金を受ける場合は、この補助金は受けられないことがあります。
 既に輪島市内で事業を営んで居る方は、新規雇用が必要です。
 輪島市の施設内で新事業所を開設しようとする方、従業員が常駐していないものは対象となりません。
 新たな出店を支援するものです。既存店舗の移転、現在営んでいる事業に必要な道具・原材料の購入は支援の対象ではありません。

【支援の内容】

 事業所開設費用を補助(開設の際に1回)

 事業所開設のための市内金融機関からの借入金と同額又は

 「対象経費の和の1/2」のいずれか少ない額とし、上限 300万円

 ※消費税及び地方消費税相当額は、補助対象経費ではありません。  

【様式ダウンロード】

01 補助金申請書 【申請様式WORD】 【申請様式PDF】  【申請様式 記載例】 

02 誓約書    【誓約書PDF】

03 変更申請書  【変更申請様式WORD】【変更申請様式PDF】

04 実績報告書  【実績報告様式WORD】【実績報告様式WORD】

05 補助金請求書  【請求書様式WORD】【請求書様式PDF】

【備品の購入・支払いに関する注意事項】

 〇10万円を超える支払いは、現金ではなく、金融機関への振込により支払うようにしてください。

 〇宛名の無いレシートは領収書として取り扱わないので、宛名のある領収書を手配ください。

 〇領収書には、必ず購入した品名、自身の宛名があることを確認ください。

 〇補助対象と対象外の経理を明確に区分すること。生活用品や食料品とまとめて購入しないでください。

 〇量販店のポイント・クレジットカードのポイントで購入したものは、補助金の対象外です。                                                

【補助金交付までのフロー】

お問い合わせ

産業部 漆器商工課
TEL:0768-23-1147

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード