住宅の「応急修理制度」の申し込みを受け付けます

公開日 2024年02月10日

更新日 2024年05月22日

概要

 地震被害を受けた住宅の、日常生活に必要不可欠な部分を応急的に修理する制度です。

〇被災箇所の修理前・修理中・修理後が分かる写真が必要となります(写真がない場合、補助の対象とならない場合があります)

〇本制度と公費解体及び自費解体制度との併用はできません。

対象となる世帯

 市が発行するり災証明により、住宅が「全壊」「大規模半壊」「中規模半壊」「半壊」「準半壊」と判断された世帯です。

対象工事

 屋根や壁、床、ドア等の開口部の補修、上下水道の配管など、日常生活に必要で欠くことのできない部分が対象となります。

※納屋や車庫、店舗及び事務所、空き家(地震発生時点)は対象となりません。店舗兼住宅の場合は住宅部分が対象となります。

※畳や壁紙等のみの張替えや家電製品の修繕は対象外になります。

補助限度額(1世帯あたり) 

 半壊以上  706,000円             

 準半壊     343,000円  

 ※補助金は市が業者に直接支払うことになります。(支払いが完了しているものは対象となりません)

 ※限度額を超える部分は自己負担となります。

 例) 住宅の被害が半壊以上、修理費用が1,000,000円の場合

  →輪島市支払額       706,000円

  →被災者ご本人負担額    294,000円

申込手続き

 
こちら(応急修理チラシ)をご覧ください。

修理完了期限

令和6年12月31日(火)

相談窓口

【住宅の応急修理制度に関して】

 相談窓口 被災者生活再建支援室
 電話 0768-23-4871 e-Mail saiken@city.wajima.lg.jp

ダウンロード

20240513_業者一覧(協力を得られた業者)[PDF:73.8KB]

申請書様式及び記載例

応急修理申請書一式[PDF:299KB]

修理見積書[PDF:77.6KB]

応急修理申請書一式[DOCX:84.1KB]

修理見積書[XLSX:23.6KB]

お問い合わせ

建設部 まちづくり推進課
TEL:0768-23-1156
FAX:0768-23-1198

PDFの閲覧にはAdobe社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード