令和4年6月14日「ゼロカーボンシティ」宣言

公開日 2022年06月14日

「ゼロカーボンシティ」を表明 ~世界に誇る地域資源を育み、活かし、未来へつなぐ~ 

 

 近年、世界各地で記録的な猛暑や集中豪雨などの異常気象が頻発しており、温室効果ガスの影響による地球温暖化の傾向は、将来の危機的状況に警鐘を鳴らす最も注視すべき環境問題のひとつとなっております。

 2015年12月のCOP21において世界共通の長期目標として産業革命前からの気温上昇を2℃未満とし、1.5℃に押さえる努力を追求することとする「パリ協定」が採択されました。

 

 我が国においては2020年10月に、2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、2050年カーボンニュートラルを宣言しており、本市においても、脱炭素社会を実現するためには、市民の皆様や事業者の皆様とともに地球温暖化対策に取り組むことが必要不可欠であります。

 

 本市では2022年6月14日の令和4年第2回市議会定例会において、2050年までに市全体の二酸化炭素排出量を実質ゼロとする「ゼロカーボンシティ」を目指すことを宣言しました。

 

 

 

 

 

輪島市ゼロカーボンシティ宣言文 [PDF:3.7MB]

 

環境大臣からのメッセージ [PDF:201KB]     

 

「ゼロカーボンシティ」とは

環境省によると、「2050年に二酸化炭素を実質ゼロにすることを目指す旨を首長自らが又は地方自治体として公表された地方自治体」を「ゼロカーボンシティ」と定義されています。 

ゼロカーボンシティについて詳しくはこちら  http://www.env.go.jp/policy/zerocarbon.hyml

お問い合わせ

市民生活部 環境対策課
TEL:0768-23-1853
FAX:0768-23-1153

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード