小川香料株式会社と事業連携協定を締結

公開日 2021年06月21日

輪島市、JFいしかわ輪島支所、小川香料(株) 事業連携協定を締結

 

 輪島市は、JFいしかわ輪島支所、及び国内大手の香料メーカーである小川香料株式会社との3者間で、ズワイガニをはじめとする輪島産水産物の知名度向上・地域の活性化を目的とし、次のとおり事業連携協定を締結いたしました。

 

【小川香料株式会社の概要】

創業:1893年(明治26年)香料の専門業として、日本で最も歴史のある会社

代表取締役社長:小川裕(おがわ ゆたか)     本社:東京都中央区日本橋本町

事業内容:香料・関連商品の製造販売      売上:376億円(2020年12月期 連結)

協定について

1 協定の名称    「事業連携協定書」
2 協定締結日  令和3年6月21日(月)

3 協定の内容  

 輪島産水産物の知名度向上及び地域の活性化を目指し、

 輪島産水産資源の有効活用を進めるべく緊密に協力していく。

協定のねらい・将来の展望 

 輪島市、JFいしかわ輪島支所、小川香料株式会社の3者は、輪島産水産物の魅力を

 香り・おいしさを通じて、石川県内、日本全国、ひいては世界へと発信して参ります。

 第一弾として、北陸の冬の味覚の最高峰である「輪島産 加能ガニ・香箱ガニ」の

 甘く濃厚な香り・おいしさを発信して参ります。

      

お問い合わせ

産業部 漆器商工課
TEL:0768-23-1147